サポート内容について

寺院専門サポートが実現するサポート内容。お寺のワンストップサービスを実現。お寺を知っているから安心確実。

当サイトをご覧いただいているご住職は、何かしらの改善などをお考えの事と存じます。上記は当社が行うサポートの主要内容例となります。全てが当社独自の対応となります。いずれかお悩みをお持ちの方・改善をお考えの方は、是非とも、お声をかけていただきたく思います。当社では、専門知識をもったスタッフが、実務経験をもとにあらゆる角度から、現状分析をし、ご要望をヒアリングした上で、適切なお手伝いを実施致します。コンサルティングという言葉が氾濫しておりますが、当社はコンサルティングという言葉ではなく、あえてサポートという言葉を使用致します。つまりお寺のサポート・住職のサポートとして、常に側面から情報提供し起案実行検証の繰り返し支援していき、住職とともに取り組んでいくこということです。常に改善のお手伝いという立場となります。(寺院コンサルタント=寺院サポーター)寺院、住職におかれましては、色々な懸念事項があるかと存じます。寺院を取り巻く環境は時代と共に変化しております。時代にあった運営を目指し、人が集まるお寺を目指しましょう。まずは運営基盤の構築を万全なものにすることが大切だと考えます。

寺院専門サポートどのようなご相談でも対応致します

寺院専門サポートメニュー ご希望の項目より深くご覧ください


【寺院集客対策 人が集まるお寺にしていくためには】


檀家を増やすために何をするのか。寺院内部の考え方では世間は振り向きません。

参拝客を増やす。何かに特化する必要性があります。お寺は全国にあるからです。

お寺でホームページ活用していますか?ほとんどの寺院が陥る間違ったサイト制作&運用とは。

顔が見えるお寺、顔が見える住職が求めれています。住職も個性の時代なのです。

行事に人が集まらない、イベントをしても効果がない。それは目的がないからなのです。

お寺から手紙を出しても読んでくれない。難しい仏事用語利用、毎回同じフォーマットだからです。


【寺院内部改善 寺院データ管理 宗教法人財務管理の適正化対策】


お寺にも顧問税理士が必要な時代。住職の給与は適正?経費の利用方法は?税務調査が怖い!

お寺の書類整備していますか?お寺も契約の時代です。事前にトラブルを回避する準備?

檀家名簿、過去帳管理、いまだに手書きまたはエクセルですか?もはや時代にあっていません。


【お寺の福利厚生 住職寺族の今後 万が一の時に備え】


住職の退職金事前取り決めしていますか?万が一のときは何もなく退寺かもしれません。

知ってますか?お寺の福利厚生、住職寺族の保障とは?今の時代、お寺が住職寺族を守るのです。

全てのご要望にお応え致します

インダーセンス寺院専門サポートコンサルティング内容

お寺に関する全てのご要望にお応えするということは、財務管理 顧問税理士・寺院宣伝・寺院行事イベント・企業コラボレーション・檀信徒教化・檀信徒を増やす・寺院情報管理(※寺院の総合改善・発展となります。)つまり全てにおいてお手伝いさせて頂くということです。 各寺院によって希望内容も取り組む内容も様々です。よって寺院改善・改革・発展・管理において必要な部分だけでのサポート、お手伝いもしておりますのでご安心ください。

具体例として

・経理が難しく、資産管理をする上で財務体制を整えたいので、お寺に強い税理士を頼みたい

・お寺の経費計上方法がわからない

・人に見てもらえる集客効果のあるお寺のホームページを作りたい

・檀家名簿・過去帳など大切なものなのでデータ化して保存し、有効活用したい

・行事案内など、檀家の目にとまるお知らせ文を作りたい

・毎年、檀家に郵送する行事案内など、請け負ってもらいたい

・本堂や境内などで、イベントをやりたいがどうしたらよいのか

・観光客や一般の参拝を増やしたいがいい方法はあるのか

・檀信徒が少なく、これからどうやって檀信徒や収益を増やしていったらよいかがわからない

・住職が代替わりするが退職金や新住職の報酬をどのように決めたらよりかわからない

このような問題に取り組みます。取り組む内容によって手法や戦略が異なるため、まずはご相談ください。当社は、依頼頂いた内容に取り組む上で、「信頼関係」と「プロセス=実施・経過」を重要と考えます。よって、最初から高い費用(サポート料)の提示はしておりません。その寺院の財務体質にあったサポート費用を心掛けております。理由としては、寺院(仏教界)の発展を第一に考えるということです。当社の目的は寺院の発展となりますので、費用対効果を重視し結果を生み出すことです。住職と一緒に取り組み、依頼内容に最大限の取り組みをしてまいります。

→よくあるご質問
→サポート料について
→寺院専門サポートについて
→代表挨拶

寺院全問サポートお問合せメールフォーム
寺院専門サポートお電話でのお問合せ