結果が出るまで追及していきます

お寺のホームページ戦略、寺院専門サポートだからできるそのお寺にあった宣伝スタイルを確立可能

HP運営目的、結果とは?最終的には寺院の顧客となることです

ホームページは新しい布教のカタチです。ただお寺を知ってもらえればよいと考えても、知ってもらえるレベルに達するかという問題もございます。ホームページを開設しただけでは、一般世間に知ってもらえることはありません。檀家や知人にお知らせして、一部の人が見るだけです。費用をかけて制作する以上は、目的をもち、結果を求めなくてはなりません。目的は寺院を知ってもらうこと、結果は寺院を知ってもらった上で、顧客になること。顧客という表現はふさわしくありませんが、仏事的集客となるということです。葬儀申込み、檀家申込み、永代供養申込み、納骨堂申込み、御祈祷御祈願申込み、墓地分譲申込み、寺院における一般会計に入る仏事集客ということです。

ホームページを開設したからすぐに結果がでることはありません。マーケットを検証し、日々考えながら運営管理をしてようやく結果がでてきます。具体例ですが、近年、販売計画もなく、ただ永代供養墓を建立し申込みがあるだろうと考えていた寺院が非常に多いという事実があります。ホームページを開設している寺院で、永代供養の宣伝をしても申込みがゼロ。つまり、販売計画もない、ホームページでの販売戦略もないということが原因なのです。その地域の競合寺院における永代供養墓状況を把握し、金額、見せ方を探りながらホームページを改築していくことが重要です。ようするに、ホームページに一度内容をアップしたから終わりではなく、どのような案件も、日々の流入状況、お問合せの反響を見ながら運営していくということなのです。この運営管理は、お寺をしっている当社でなければ不可能かと考えます。それは、寺院側と一般側を結び付けるキーワードを理解しているからです。

お寺に何を求めているかを理解します

寺院専門サポートによるお寺のホームページ制作と運営管理。檀家を増やすホームページ運営。
お寺のホームページ制作は寺院専門サポート。有名寺院のホームページ制作をしております。
お寺のホームページ運営で重要なのが、世間一般がお寺に何を求めているかを理解することです。仏事に関しては、仏事情報を必要とする人をいかに落とし込むかがポイントです。墓地分譲であれば石材販売会社と競合、葬儀誘致、葬儀相談となれば葬儀社と競合、永代供養申込みや、御祈祷御祈願申込みとなると、他の寺院と競合となります。この競合をおさえて、検索に露出しお問合せに結びつけるということが醍醐味でもあるのです。

当社では、上図のように、ホームページを運営管理するにあたり、誰がいつ?どこから?どのページを見た?という流れを把握します。さらに、見た人の年齢や性別、平均滞在時間、平均閲覧ページ数、パソコン閲覧なのか、スマートフォン閲覧なのかまで把握した上で、更新内容や新規ページ制作を決めていきます。但し、仏事情報だけで寺院の集客ができるほど甘くはありません。ここに、当社独自の仏事以外による集客方法をプラスしていきます。それは、寺院専門サポートが見い出す、「お寺の宝」「住職の個性」「お寺のハード面」「お寺のソフト面」です。同じことをやっていては他寺院との差別化は図れません。このように、ホームページの運営管理一つにしても、当社独自の手法となり、他社とは異なるお手伝いが可能なのです。

寺院専門サポート お寺のホームページ制作費用・ホームページ運営管理費用

寺院専門サポート 人が集まるお寺のホームページ戦略寺院専門サポートホームページ活用寺院専門サポートホームページ制作お申込み


→お寺でのホームページ活用方法
→ホームページ制作・お申込み案内
→住職のキャクター制作・住職のLINEスタンプ
→相談対応からサポート開始までのステップ
→寺院専門サポートについて
→お取組み内容、各種サポート内容について

寺院全問サポートお問合せメールフォーム
寺院専門サポートお電話でのお問合せ